リモートデスクトップとモバイルルーターでビジネスを加速

リモートデスクトップはフリーランスの味方!モバイルルーターでデータ量を確保

 

自宅のPCを外出先からタブレットやスマートフォンを使って操作できるリモートデスクトップは、様々なビジネスシーンで非常に便利です。
Windowsに標準搭載されているリモートデスクトップだけでなく、Chromeリモートデスクトップなど他の企業が作るアプリケーションにも有用なものがあります。
Windows 10の場合Home版ではホストコンピュータになれないため、別のアプリケーションを利用しなければなりません。

 

使い方はどのアプリケーションでもほとんど同じで、スマホやタブレットとPCの両方にアプリを入れてパソコン側での設定を終えれば、いつでも自宅のPCに接続して操作をすることができます。
ただリモートデスクトップは便利な反面、PCの画面をリアルタイムで画像データとして受信し続けるので通信量が大きくかさむのが難点です。
そのため、モバイルルーターを別に契約し、データ量を確保するとスピード感をもって仕事ができるので安心です。

 


リモートデスクトップの活用法

リモートデスクトップを使えば、クライアントの急な修正要望に対応したり、商談の際に自宅PCに保存したプレゼンテーションを見せたり、遅れている作業を外出先でしたりなど便利なことがたくさんあります。

 

急な修正への対処

クライアントにいったん納品した商品に修正依頼が入ることは、フリーランスにはよくあることです。
その時にたまたま外出していてノートパソコンを持っていなかったとしても、リモートデスクトップを使えばすぐに依頼個所を確認し、作業に入ることができます。

 

例えばライターの場合、iOSやAndroidにも純正のWordアプリはありますが、アプリで作成や修正をした文書をPCで開くとページ設定にずれが生じて見づらいもの。
リモートデスクトップならPCのデータを直接編集するため、そういったストレスがありません。

 

プレゼンテーションにも有用

ノートパソコンをいつも持ち歩いていればいつでもどこでも仕事ができますが、かさばるのと重さがあるのが難点。
そこで、タブレットでリモートデスクトップを使えば荷物が軽くなりますし、キーボードを用意すればPCとほぼ同様の操作が可能になります。

 

クライアント先でプレゼンテーションをするにも、リモートデスクトップは有用です。
少人数の打ち合わせならば、タブレット上でさっとデータを見せることができ、PCにある元データの修正もその場でできるのでビジネスのスピードが加速します。
ただ、リアルタイムでの変更を実現するには十分なデータ量がなければなりません。

リモートデスクトップを使うと通信量が増える

自宅のPCを外出先から操作できるリモートデスクトップはとても便利な機能ですが、その反面通信量が多くかさみます。
その理由は、タブレットやスマホなどから操作するときに、リアルタイムで変化する画像データとしてパソコンの画面が送られてくるからです。
一般的な動画と違い、リモートデスクトップでは変化があった部分のみ差分データが送られてくる仕組みにはなっていますが、それでも常に変化する画像を受信していることには変わりがありません。

 

モバイルデータ通信でリモートデスクトップを使用している場合、うっかりアニメーションのあるウェブページを開いたままにしておくとそれだけで通信量がどんどん増えます。
ビジネスの場面ではそうとは限りませんが、艦これなど常に動きのある画面を表示している場合は1日で数GB消費することもあるほど。
スマホの契約データ量が少ない場合はあっという間に上限に達してしまいます。

 

リモートデスクトップにはモバイルルーターでデータ量を確保

フリーランスにとって、仕事場のPCに外出先から手軽にアクセスできるリモートデスクトップはビジネスを加速するうえでとても重要なツールです。
しかし多くのデータ量を消費するため、スマートフォンやタブレットで大容量プランを契約していても安心はできません。

 

モバイルルーターを別に契約していれば、スマートフォンのデータ量が上限に達したとしてもWi-Fiを利用して引き続き快適にリモートデスクトップを使えます。
ビジネスで一歩先を行くには、クライアントの要望に対する速いレスポンスが必須。
リモートデスクトップとモバイルルーターを組み合わせることで、ビジネスチャンスをものにしましょう。

 

ビジネスで使うモバイルルーターならBroad WiMAXがおすすめ!

リモートデスクトップを使うのに適したモバイルルーターといえば、高速通信と月間データ量無制限が両立できるWiMAX通信です。
下り最大440Mbpsの通信が実現できるので、画像やアニメーションが多いプレゼンテーションを表示させても速度が遅すぎてイラつくことは減るでしょう。
リモートデスクトップのみならず、PCを持ち歩いて使う時も通信量を気にすることなくファイルのやり取りができます。

 

WiMAXの事業者の中でもフリーランスにおすすめなのがBroad WiMAX
月額料金が2,726円から始められるだけでなく、クレジットカード払いなら初期費用も無料です。
そして平日16時までの申し込みならば最短で申込日に端末が発送されるので、急に必要になった時にも安心。

 

法人契約でも初期費用・端末代無料と月額料金は個人の場合と変わりません。
小規模オフィスにWiMAXを導入したいとき、同じ品質なら安く導入できるほうを選びますよね。
Broad WiMAXで、職場でも自宅でも出張先でも自在にビジネスを展開できる通信環境を手に入れましょう。

 

公式サイトはこちら⇒激安&高速通信ならBroadWiMAX